DEEPエピソード

帰省編の夜景に込めた想い 〜東京の夜景と決心

こんにちは!麦わらです。
制作日記、今日は帰省編(とくに最終話)に込めた想いについて語ります^^

あ、アニメ更新しましたので、ぜひ見たあとに読んでもらえると、味わいが増すと思います笑 順番はどっちでもいいですけどね…笑

帰省編の夜景に込めたもの

私がもっとも好きなシーンはこちらです。


オヤビンが夜景を眺めるシーンです。

なぜ好きなのか…
夜景には深い経緯が”ある”からです。
正式に言えば”できた”と言いましょうか…。

東京の夜景…美しいですよね。
しかし、ただ美しいだけではないのが夜景だと思います。

帰省編の漫画を作っていた時、なぜこのシーンを描いたのか、
今では思い出せません。
でも物語上で夜景を描いたのは他でもなく

「みんなもまだ、働いとんのか…」

この言葉につなぐためでした。

物語を知らない方のために、少しだけ説明をつけます。

帰省編最終話ではオヤビンの過去が扱われます。

当時、オヤビンは過酷な労働環境で働いていました。
毎日長時間労働、終電近い残業が強いられていました。上司も厳しく、理不尽に仕事を押し付けられ、日々の仕事量をこなすのも辛く、ノルマの厳しい大変な職場環境だったんですね。

ある日もオヤビンは、夜11時近くまで働いて、遅い夕飯(カップラーメン)を食べます。
そして食べたあと、彼は外を見るんですね。すると、夜景が見える。

それを見てオヤビンは…
「みんなもまだ、働いとんのか…」とつぶやきます。

…ぼそっとつぶやく些細な言葉…

漫画を書いていたあの頃はまだ、
このシーンに深い想い入れがあったわけではなかったのですが
約一年経って、帰省編をアニメ化する過程で
深い経緯ができたのです。

夜景と過労 重なる”絶望”

「電通過労死から4年」という2019年に書かれた記事(引用:AERA dot.より)を読みました。
長時間労働などによる過酷な職場環境を苦に自殺してしまった、高橋まつりさんに関する記事でした。献身的でとてもお母さん想いのまつりさんのやりとりを見て、悔しい気持ちになりました。

…記事にこんな文面があります。

「わたしたちの深夜の仕事が東京の夜景を作っているんだよ」

これはとある建物から眺めた「東京の夜景」です。
(映像から引用したので汚い…^^;笑)

帰省編をアニメ化する過程で、見るようになりました。
最初は美しいな、と思って見ていました。

しかし東京方面を見た時。
遠くの方まで赤い光が点滅しているのを見た時…
だんだんと気持ちが重くなってきたのです…。

その時私は神様に尋ねました。

「神様、こんなにたくさんの人がいます…。
苦しんでいる人がたくさんいます。
私は今作品を描いていますが、この多くの人たちに神様の愛を
伝えることができるでしょうか。
…果たしてこの作品は、少しでも力になるのでしょうか…。」

…私は自信がまた、なくなりそうになっていました…。
いやでも、今までの様々な経緯があるから、昔のように「これからも描く必要あるのか」とかそういうことは考えません…。

ただ…あの多くの光を見て、すごく心が弱くなっていました・・。

もはや単純にキレイだなと夜景を眺めることができませんでした。
夜景の中に、どれほどたくさん苦しんでいる人がいるのか…。

そう思っていたとき、今までには感じたことのないほど、
心がズシンと重たくなっていました。
なんというか…気持ちがただ重たくて、何も考えられない状態でした。

それで気持ちを整理したくなって、その場で絵を描きました。
それがこの絵です…。



表と裏がありますが…後ろ姿が最初に描いた絵です…。

オヤビンがいますが、(おわかりの通り)
自分を象徴してます…
でもまさにこんな表情をしていたんです…。

そのあとその場で祈りました。
日本のためにも祈り、自分の気持ちの整理がしたくて
祈りました…。

オヤビンを通して、少しでも神様の心情を届け、みんなの苦しい心が解かれるように。
最後まで必ず書きますからと話しました。

しかし…

なぜか、この重みは拭われませんでした。
むしろ一層重くなっている…。。。
まるで30キロの分銅が心に、文字とおり「ズシン」と置かれてしまって
なんでこんな気持になるんだろうと、すごく疑問でした…。

去る前にもう一度夜景を見ましたが…
到底見ていられませんでした。

当時はわかりませんでした。
どうしてこんなに気持ちが重くなってしまったのか…。

しかしその後、いろいろなエピソードがあって、
少しばかりわかるようになったんです。

その一つが…

私も…
「オヤビンと同じく、
夜景を見て”絶望”してしまった」ということでした。

 

その後、リリー氏とオヤビンの過去シーンに取り掛かることになったのですが、
ちょうどオヤビンが「夜景を見るシーン」まで完成しました。

その夜景のシーンを自分で描いて作ったわけですけれども、
実はその時、気づかなかったんですね。

でも、
リリー氏が映像にしてくれたのを見て、
夜景の話題になったときに、気付かされました…。

「このシーン、あの時と同じだ…」

すごく、客観的に、見えたんですね…その時。
デジャブという言葉がぴったりくるといいますか…

まったく同じ光景だったんです。
私が見た東京の夜景と、オヤビンが見た夜景が…

オヤビンが感じていた気持ちと、
自分が感じていた気持ちが重なったんです。

”絶望”…だったのです。

でもなぜかアニメになった夜景のシーンを見た時、
ものすごく、客観的に、深く映りました。

その日は水曜日の夜でした。
制作を一旦終えた私たちは、一度御言葉を聞くことにしました。

その説教の中で、こんな話がありました。

みんな、私に神様がこれだけ言いたいことがあるように、みなさんにも言いたいことがあると知らなければいけません。だから、みなさんも祈ってください。どれほど神様が多くのことを話されるか。…」

…その御言葉が一番深く残りました。

そして改めて出来上がった映像を見てみたんですね…。

このシーンを…


さっきも見たシーンでした。

しかし、なぜかあまりにも衝撃的に深く、
この夜景が脳に突き刺さりました…。

みなさんにも言いたいことがあると知らなければいけません。

どれほど神様が多くのことを話されるか。

ものすごい衝撃でした。
…どう表現していいか分からないくらい…
あまりにもドキリと、はっ!となったのです…。

「神様が”言いたいことがある”」

「言いたいことがある…」その言葉が私の心に何度も響きました。

そしてはっきりと悟りました。

 

 

「ああ、そうだ、
だからこそ私が描かないといけないじゃないか」

 

だからこそ私が描かないといけないじゃないか」

 

…本当に不思議です…。

同じ”絶望するシーン”を見たのに
真逆の感情が出てきたんです。

あのときは、心が辛く重苦しくて立ち上がれないくらいだったのに…
その時はむしろその重苦しさが反動になって、

これが「自分の”使命”なんだ」
強く感じてしまったんです。

ドンデン返しも甚だしいです…。←

そして
おいおい泣きました。笑
恐ろしいほど泣きました、あの夜…笑

…そして
泣きながら深く悟ったんです。

あの時、夜景を見て感じた
重苦しい気持ちは、
自分の気持ちもあったけど

神様の気持ちも入っていたんだな…

神様は、
私が自信をなくして絶望しているのを見て、

神様も重い気持ちになったんだな…
だからあんなに重たかったんだ。

だからこそ「伝えなくちゃ」
伝えてその重い心を”軽く”してさしあげなくちゃ。

どうしてこんな悟りになったのか…
不思議ですよね…。

私は想像以上に自信がなくて、弱い人間です。
あの時、重い気持ちになった自分が、
ひどく情けなくなりました。

夜景を見た後、心が重くなった経緯について
ずっと祈っていました。

しかし、
そうした過程の中で、

神様は
私の心を変えてしまいました…。

やはり続けるべきことに関して、
神様は立ち上がらせてくださる…。

「わたしたちの深夜の仕事が東京の夜景を作っているんだよ」

この記事は、そのようにして泣いた後に見つけた記事でしたから、
あまりにも心に刺さりました。

そうだ。
もう絶対にこんな事件があってはいけないし、あってほしくない…。

そして
「生きる意味もわからないまま、
ひたすら働いて生きるしかない」

そう思っている方へ

帰省編を通して
必ず伝えよう。

実は夜景に関してはもうひとつ、話せなかったエピソードがあります。
そのエピソードが、実は、ある意味ではとても核心であり、
私が夜景を見てもっとも熱く悟ったベースとなる経緯でもありますが、また時が来たらお話しますね!笑

でもそのときにはまた、
いろんなエピソードが生まれているんだろうな…笑

良かったら「いいね !」
で最新記事お届けするで

ABOUT ME
麦わら
麦わら
東京都民。現在は社会問題の漫画やアニメを作りつつ、保育士目指して勉強中。